トヨタ クラウンが2018年初頭に発売か!? フルモデルチェンジでデザインも一新

1: 2017/09/30(土) 21:27:57.11 ID:CAP_USER

2018年初頭、トヨタ クラウンがフルモデルチェンジか
トヨタの高級セダン”クラウン”(クラウンアスリート/クラウンロイヤル)が、2018年初頭にもフルモデルチェンジを実施する公算が強くなってきた。早ければ、2017年10月末から始まる東京モーターショー2017会場で先行披露される見込みだ。

新型クラウン、どこがグッと新しくなるの!?

戦後からわずか10年後の1955年、設計から生産まで一貫して純国産で造られた初代のクラウンから60余年。今度の新型クラウンのモデルチェンジで15代目となる。単一車種でこの記録はもちろん日本一だ。

ニッポンの高級車として、長きに渡り日本市場を重視し造られ続けてきたクラウン。果たして新型はどのように生まれ変わるのだろう。編集部で得た独自情報なども交えながら、15代目新型クラウンシリーズについて詳細に解説する。

フォルム激変! クラウン史上最もスポーティに格好良くなる!?
15代目の新型クラウンでまず大きな話題を呼びそうなのが外観のデザインだ。現行型(14代目)クラウンも、ピンク色で塗られたイメージモデル(のちに限定販売)や、フロントバンパーまで食い込んだ大胆な大型フロントグリルなどで衝撃を与えたが、新型では車体のフォルム自体もグンと変わりそうだ。

これは、トヨタ車のFRモデルとしては初採用となるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)コンセプトの影響が大きい。より低重心なパッケージングとすることで、よりスポーティなフォルムが得られる土壌が出来た。

さて肝心のデザインはどうだろう。

デビュー当初は賛否両論あった現行型14代目クラウンのフロントマスクも、今やすっかりお馴染みとなったことから、新型クラウンでも”派手顔”自体はキープコンセプトの傾向だ。もちろんLEDヘッドランプなどの最新トレンドはしっかり盛り込まれる。もちろん現行型同様に”クラウンアスリート”と”クラウンロイヤル”の2種類を設定。そして少し遅れてロングホイールベース版のクラウンマジェスタも追加されるだろう。

さて問題は新型クラウンのフォルムだが、そのヒントはここ最近のトヨタ車やレクサス車にある。新型カムリやレクサスの新型LSだ。ともにクーペのように低くワイドで流麗なフォルムに生まれ変わっている。とかく保守的だと思われていたトヨタのセダン車だったが、その劇的な変化には大いに驚かされた。

クラウンは法人需要や官公庁の用途などお堅いニーズも根強く、また道や駐車場が狭い日本市場を重視するためボディサイズも大幅に拡大することも出来ない。したがってカムリやLSほど大胆にはなれないだろうが、これまでの王道”Theセダン”フォルムではないのは確か。一説には6ライト(Cピラー:後席後ろの柱に窓が設けられる)になるとの噂も聞かれる。クラウンの大胆なモデルチェンジには大いに期待したい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00010003-autoconen-bus_all


続きを読む

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ一括査定業者ランキング3

買取

ズバット車買取比較

かんたん車査定ガイド

カーセンサー

すごく努力してくれます

ズバット

より詳しい情報を見る

査定だけでも良いですよ

かんたん査定ガイド

より詳しい情報を見る

事故車にめっぽう強い

カーセンサー

より詳しい情報を見る

一括サービス一覧

比 較 項 目

かんたん

カーセンサー

ズバット

楽天オート

カービュー

運営企業

エイチーム

リクルート

ウェブクルー

楽天

カービュー

サービス開始

2007年

2008年

2003年

2008年

2000年

利用料

無料

無料

無料

無料

無料

参加企業数

約50社

530店舗以上

約150社

約60社

約300店舗

最大見積り数

10社

30社

30社

9社

8社

対応地域

全国

全国

全国

全国

全国

申込前の買取店の表示PC

×

×

×

申込前の買取店表示スマホ

×

PCとスマホでは参加買取店が違う

×

×

特徴

入力項目が

少ない

参加社数No.1

入力項目が

少ない

使いやすさNo.1

一括査定の草分け

おすすめ度

ランキング

ランキング

ランキング

ランキング

ランキング

公式サイトへ

かんたん

カーセンサー

ズバット

楽天オート

カービュー

このページの先頭へ